「スポーツの怪我」早期回復と予防対策

EAAとプロテイン徹底比較!効果は?

プロテインとEAAの徹底比較

「EAAとプロテインの違い」明確に答えられますか?

EAAとプロテインの最大の違い!

決定的な違いは、消化が必要か否かです。
プロテインはタンパク質なので、消化しなくては吸収できません。

EAAとプロテインの筋肉への取込量

EAAとプロテインの筋肉への取込み量

EAAはプロテイン量の6割ほどで、プロテインの倍以上の筋肉への作用が確認されています。これを元に概算すると、EAAはプロテインの3割量で同じ効果が得られています。

EAAとNEAAの筋肉貢献度

タンパク質は、20種類のアミノ酸から作られます。そのうち9種類が必須アミノ酸(EAA)、11種類が非必須アミノ酸(NEAA)です。EAAとNEAAを別々に摂取した場合の筋肉への作用を測定しました。

EAAとNEAAの筋肉への貢献度

その結果NEAAは、筋肉増加に一切関与していないことが分かったのです。つまりプロテイン量の半分以上を占めるNEAAは、効率的に筋力アップには不必要ということです。しかもそれが消化吸収を妨げていることも分かります。

飲むタイミングにも違いが

効率的にアミノ酸を利用するには、身体の吸収力のタイミングが重要です。一般的にトレーニング直後が良いとする方もいますが、下のデータからは、運動直後はもっとも吸収力が低いことが分かります。

運動前後の筋肉への取込み量

EAAの運動前後の筋肉への取込み量

運動前がもっとも吸収力がよく運動直後がもっとも吸収が悪いようです。運動後1時間でも、吸収力は半分ほどしか戻っていません。

もっとも効率がいいタイミングは?

どうせ筋トレするなら、効率とコスパが良い方がいいですよね。

血中アミノ酸濃度が重要

筋力を落とさず、効率的に筋肉増加するなら、運動中の血中アミノ酸濃度が大切です。それを維持するには、運動前と運動中の摂取が必要です。

このタイミングで摂取するには、消化が必要になるプロテインはありませんね。消化が必要なく、胃や小腸から吸収できるEAAが最適な飲料ですね。

同じアミノ酸系であるBCAAとEAAの違いについては、別の記事で解説します。

コスパの違い

「EAAとプロテインの筋肉への取込み量」で説明したように、EAAはプロテインの3倍の効果が期待ですます。タイミング的な価値を除いても、プロテインの3倍のコストで、同等の効果となります。EAAは少し高めですが、グラムあたり3倍までなら許容と言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です